見守る

現代の子どもの足は、外反母趾や浮指などトラブルを抱えてしまうことが増えています。

足は体の土台です。

足は体の安定感に直接関わっているのです。

私たちが子どもの足を育てていくために、成長を見守るように

​足の健康も見守る必要があるのです。

​予防する
子どもの足のトラブルを防止するために
できることがあります。
まずは足を鍛えることです。
車に乗ったり、外で遊ぶことが少ない子どもたちの足は、鍛える機会がほとんどありません。
足の指にしっかりと力が入るように、足裏のアーチがしっかりできるように、足を鍛えることを日ごろから意識しましょう。
それから、靴の選び方です。
正しいサイズで必要な機能を備えているものを与えてあげましょう。
小さすぎる靴はもちろん、大きすぎる靴でトラブルを起こす、子どもも多いのです。
運動をしても、脱げにくい靴を選ぶ知識や、靴を買う時の選ぶ基準や試し履きのポイントを学ぶことも必要です。
最後に歩き方です。
理想的な歩き方を子どもの手本となるように、日ごろから接する家族が美しく歩くのもよいでしょう。​
​伝える
子どもにも、足の大切や靴の選び方のポイントを教えてあげるのも重要な親の役割です。
足育を通じて、子どもに「自分の体の大切さ」「愛情」たくさんのことを伝えることができるのです。
​足育いいあんよでは、どのように関われば、子どもを思いやる気持ちや愛情を上手く伝えられるか、も学ぶことができます。
​ポイント

お母さんがすぐに使える知識

 

​育児の現場でいかに子どもと

楽しく靴を選んだり、足を鍛えることが

できるのか??

​お母さん目線で、実践を意識した内容のお勉強会です。

​足育いいあんよ お勉強会

育児支援センター

学校PTA勉強会

子育てサークル

産婦人科

企業顧客様向け講座

​など、各方面から

ご依頼をいただいています。

​足育いいあんよ お勉強会

育児支援センター

学校PTA勉強会

子育てサークル

産婦人科

企業顧客様向け講座

​など、各方面から

ご依頼をいただいています。

Follow me

Call

090-2094-9418 

  • Facebook Social Icon